So-net無料ブログ作成

チームワークを高める会議の進め方研修 [チームワーク]

今日は、LLCチーム経営の博野先生をお迎えして「チームワークを高める会議の進め方研修」を全社で行いました。博野先生の研修は2回目です。昨年末に「職場のチームワークを強める基礎研修」を行いましたが、多くの社員が何らかの感動と気づきを得て、社内の雰囲気・コミュニケーションも向上に役立ちました。そこで、今回は今われわれが取り組んでいるUPGRADINGの「5S」を題材に、チームワークを高める学習をしました。

今回の研修のねらいは、
(1)メンバーが知恵とチカラをあわせ職場の問題を共有し、解決する会議の手法を学ぶ
(2)コンセンサス(合意形成)を体験し、その職場での活用方法を知る
(3)チームワークを高め、人を育てるフィードバックの方法を知る
(4)建設的な(暖かく、でも妥協しない)職場の規範をつくるスキルを身につける
でした。

まずは、3つのグループごとに「4つの窓」を使って、アイスブレーク。各メンバーの今の状態を表明し、お互いを知ることで場が和んでいきます。いつも会議の時はチェックインを行っていますが、このように紙に書けば、みんなきちんと発表できますね。盛り上がってきました。
20110730-008.jpg

午前中は、「5S活動の現在の問題点を明確化し共有する」をテーマに、グループ毎に親和図をつくりました。それぞれポストイットに5S活動の問題点を書き込んでいきます。たくさん出る人、2、3個で詰まる人、いろいろいますが、みんな普段使わない脳をフルに使い、意見を出しました。意見が出たそろったところで、それぞれ一枚ずつポストイットを出し、似たカードがあればくっつけていき、小グループに分類していきます。そして、小グループに小見出しをつけ、全体の関係性をマジックで矢印をつけたり囲んだりして完成です。ひとりで悶々と考えていてもなかなか見いだせない課題がみんなで力を合わせれば、たった1時間で整理されていきました。それぞれのグループ毎に個性が出ていておもしろいです。
20110730-073.jpg20110730-074.jpg20110730-075.jpg

みんな完成したら、グループの代表が前に出て発表します。みんな立派な発表でした。以前では、考えられないことです。グループの考え、自分の意見をしっかりと発表することができました。成長しましたね。
20110730-018.jpg20110730-025.jpg20110730-015.jpg

お昼は、みんなで「脳活弁当」という脳が活性化する食材を使用したお弁当を食べました。結構高かったのですが、あまり評判は良くなかったので写真は差し控えます。まあ食べてみないとわからないので、次回は別のものにしようと思います。個人的にはよかったのですが・・・

午後からは、「チームワークを高めるコミュニケーション」のスキルとして、フィードバックのやりかたを学びました。フィードバッグは自分の知らない部分を発見し、成長させるのにとても効果がありますが、どうしてもダメだしされる感じがして怖いものです。そのため、なかなかうまくいかないのが実情です。ここでは、うまく鏡になってあげることで、相手に受け取りやすいアイメッセージの練習として、わたしと先生が話す姿を全員が観察し、アイメッセージとしてフィードバックしてもらいました。みんな率直にフィードバッグをしてくれましたが、ムカッとはせず、自分はこんなふうに見えているんだという気づきがありました。「社長は身振り手振りが大きい」とか「先生より早口だ」とか「話すことが好きなように見えた」とか・・・。早口はわかりますが、身振りはあえて小さくしたつもりで、話すことは自分では好きではないと思っていました。とてもよいフィードバックをいただきました。

最後に「自分たちで選んだ課題を合意形成で解決する」ということで、午前中にみんなで上げた5Sの課題の解決策を今度は実際の5Sのグループごとに模擬会議を行い、コンセンサスの方法を学びました。
それぞれつぎのような課題について意見をとりまとめました。
A:「みんなが5S活動に時間をさけるようにするためには」
B:「時間配分をよりよくするためには」
C:「やらされ感をなくすために」

20110730-064.jpg20110730-046.jpg20110730-051.jpg20110730-039.jpg20110730-040.jpg20110730-035.jpg
活発に意見が出て、各チームなりの解決策となりました。時間の関係で意見はたくさん出ていましたが、コンセンサスを得るためのプロセスが行われていたかは疑問が残りました。また、午前と違い、実際の業務のグループで会議を行ったこともあり、真剣さはましましたが、本音で言い合えていたかの度合いは確実に下がっていたようでした。何か見えない力が働いていたのでしょう。最後に会議のふりかえりを行い、メンバー同士でフィードバックを行いました。みんな全員にフィードバックできていました。今回も研修のアンケートを行いましたが、満足度前回より、0.1ポイント上がって4.8点。とても意義のある研修となりました。

前回の研修以来、自分の意見が言える雰囲気ができ、前向きな意見が増えてきました。毎月の飲み会でもみんな仲良く話し、アットホームな心地よい仲間同士になってきていると思います。しかし、わたしには本当の意味でのチームワークにはまだ遠いと感じられます。仲がいいが故に、お互いに課題を指摘し合えない。ミスに対しても、上司から厳しく指導できない。なれあいの部分が目についてきました。本当の意味で、お互いを高め合い、お互いを認め合い、協力するチーム・会社にするためには、まだまだ壁があります。われわれのような小さな会社はみんなで力を合わせないと生き残っていけません。これからもチームワークは全員で高めていきたいと思います。博野先生、おちこぼれのわたしたちにおつきあいいただきありがとうございました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。