So-net無料ブログ作成

色々な思いを込めて走った、京都マラソン [マラソン]

京都マラソンに出場しました。今シーズン、大阪、神戸、東京と市民マラソンの抽選にことごとく外れていましたが、幸運にも最後のビッグレースに参加することができました。元々、京都は親父のふるさとなので縁が深いはずなのですが、あんまりいい思いをしたことがなく疎遠でした。しかしながら、なぜか最近、仕事にプライベートに京都に良縁があります。
0004.jpg
参加賞のTシャツと都こんぶ 舞妓さんのイラストが気に入りました。

さて、今日は3月11日。東日本大震災から1年を迎えました。そういう意味で色々な思いを込めて走ることになりました。スタート前、1万5千人の参加者とサポートスタッフ全員で黙祷をささげました。私にとって、今回のレースは2回目のフルマラソンでした。目標は、サブフォー突破です。前回中盤で足がつって大変だったので、今回はマイペースを守ることを心がけました。
0002.jpg

ワクワクしながら、さあスタートです。短距離の朝原夫妻と千葉真子さんが応援にきていました。序盤は、上々の滑り出し、沿道の声援も笑顔がいっぱいでした。10キロぐらいすぎたころでしょうか。緊急車両を通すということで、数分間ランナーの列が止められました。コースが狭かったので、どうしようもなかったのでしょう。コース周辺にはいろいろと名所もあったのでしょうが、私レベルのランナーには見てる余裕はありません。ただ、仁和寺の前でお坊さんが並んで応援してくれたことはとても力になりました。最も苦しかったのは、宝ヶ池に向かう標高差110m(定かではありません、沿道のプラカードに書いてあった)の上り坂。いつまで続くねんって感じでした。登ったあとは今度は下ります。ここで調子に乗ると後で足にくると思いセーブしていましたが、案の定33km付近で足がつってしまいました。沿道からは、頑張れ!と声をかけてくれますが、物理的にどうすることもできません。しばし、休憩して走り、またつって休憩を繰り返しました。すでにサブフォーはあきらめました。というより、ゴールできるのか?と不安になりました。でも、何とかなるものですね。いつしか太ももとふくらはぎに負担のかからない走り方ができるようになり、京大付近では完全に息を吹き返すことができました。結局、4時間32分でゴール。前回より10分だけ記録更新です。自己ベスト達成!やっぱり走りこみが足りないのかな。思いはあっても、練習は正直ですね。サブフォー達成は、来シーズンにおいておこうと思います。

0003.jpg0005.jpg
ゴール地点でスタッフの人に撮ってもらいました。ゴール地点の写真は汗でレンズが曇ってしまっていました。

それにしても、今回の運営スタッフのホスピタリティは最高でした。的確な動線と誘導、笑顔あふれるサービス。これまでたくさんの大会に出場していますが、私の経験上NO.1でした。京都はワコールのお膝元、cwーxが協賛しているからか?とにかく運営スタッフには心から感謝します。来年もあったら、もちろん参加したい大会です。今日は、完走記念メダルをかけて寝よう。

0001.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。