So-net無料ブログ作成

イスラエルとの関係 [上田製袋]

この季節、コーシャの認定のために、毎年イスラエルからラバイが来社されます。
今日、体育の日は認定更新の日でした。
わが社は直接食品を作っていませんが、それを包む袋をつくっているということで、認定審査が必要なのです。

3ショット.jpgKosher.jpg

コーシャの認定とは、ユダヤ教の資格を持ったラバイ(ユダヤ教の指導者)が製造工程をその目で確かめてユダヤ教の教義に従った安全な食品であるという認定を行い認定書を発行、その認定を受けることによりその食品の包装紙にコーシャの認定を受けていることをマークやロゴで表示することが出来る制度です。(KOSHER.JPホームページより http://www.kosher.jp/index.html

というわけで、これまではお越しになられてもミネラルウォーターくらいしかおもてなしできなかったのですが、今日は昨日百貨店で仕入れた「シャインマスカット」をお出ししたところ、とても喜んでもらえました。

イスラエルというと、周辺アラブ諸国と揉めていてこわいという印象がありますが、以前イスラエルを訪れた時より、大変フレンドリーな人が多く、「美しい国」というイメージをわたしは持っています。
テルアビブ、エルサレムや死海に行きました。
食べるものも結構おいしかった。特にピタパンが絶品でした。レストランに入るとまずピタパンといろいろな種類のペーストが出てきます。
また食べてみたいな。また行ってみたいな。


共通テーマ:blog

新しい力に期待! [会社行事]

今日は歓迎会でした。
今年は、これで3度目の歓迎会となります。
少しずつですが、会社が大きくなった気がします。
ものづくりの仕事は、簡単そうに見えて一人前になるまでには何年もの時間を要します。
もちろん、数ヶ月でお客様の製品を担当するわけですが、
それには多くの人のサポートが必要です。
ふたりとも社会人経験のある中途採用なので、
「成長」という言葉がふさわしいかどうかはわかりませんが、
努力を重ね、会社の顔として成長していってほしいと思います。

CIMG0218_R.JPG

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。