So-net無料ブログ作成

ランニングフォームを改善する [マラソン]

ミズノ本店にて、FORM(Form Optimizer of Running Methodology by Mizuno)というランニングフォームの診断をしてもらいました。京都マラソンを来月に控え、なんとかサブフォーをクリアしようと最後のあがきです。モジモジくんみたいに全身黒タイツ姿になり、関節にセンサーをつけてランニングマシン上を走ります。

http://mizunorunning.jp/runningform/

普段は淀川沿いを走るので、トレッドミルは慣れていません。10分程度でしたが、結構汗をかいて疲れました。足の運び方は問題なく、着地に関して課題があるようです。30キロを過ぎてどうしても疲れがでて、足がつるのは走り方も影響しているとのことでした。ピッチ走法に変えることにより、より負担が減らしていくようにアドバイスをされました。値段もそこそこですが、自分のフォームを見ること初めてで、とてもいい経験になりました。
最後に診断シートと後日動画をいただけます。フォームに不安がある方は一度お試しを。

来月の京都マラソンがんばるぞ。

DSC_0324.jpgform.jpg
トラックバック(0) 

リベンジならずも自己ベスト更新!「京都マラソン2013」 [マラソン]

今年も、古都京都を駆け巡る「京都マラソン2013」に運良く当選し、出場することが出来ました。

IMG_20130310_170903.jpg


 スタート時の気温は14度 、湿度70%と暑さに弱いわたしには超バッドコンディション、アップダウンの激しいコースに立ち向かうにはいささか不安を感じていました。 とはいえ、走り出したら、そんなの関係ねぇ!と、前回のリベンジを果たすべく、サブフォーを目指していくしかありません。
 途中、唯一のテレビクルー森脇健児 さん一行を通過し、自分のペースに落ち着いた10km付近、ペースランナーが見えました。「これについていこう!」と後ろにポジションを取りました。ただペースは1キロ5分20秒位でわたしの想定ペースよりもかなり早い。そのうち少し苦しくなり、汗が増えて体温が上昇してきたのがわかりました。このままいくと20キロ宝ヶ池へ向かうの心臓破りの坂 まで持たないぞと思い、自分のペースに戻しました。この辺が成長の証だと我ながら思います。
 そんな時、神風ならぬ神雨が降って来ました。体温の上昇は体力を奪い、終盤足のけいれんにつながります。天にも助けられ、落ち着きを取り戻すことができた。そして、急勾配の坂がやって来ました。昨年の経験がものをいい、果敢にチャレンジ出来ました。上り坂の場合、いつまで続くねん!!と思いながら走るのと、終わりがわかっているのとは精神的に全然違います。ここは無事に乗り切ることができました。上り切ったところに給水給食のエイドステーションがあり、終盤に備えてなんか食べておこうと思いましたが、あいにく「八つ橋」しか見あたらずあきらめました。実は「八つ橋」があまり好きではないのです。普通のあんパンのようなものも置いてて欲しかったなあ。
 30キロを過ぎ河川敷の未舗装ロードに入ったころ、わたしの足は限界に達していました。そういえば昨年もここらあたりで足がつって動けなくなったのでした。今年はその経験を活かし、つりそうになる前にペースダウンすることにしました。それでもだめなら、歩く。これを徹底することで、けいれんで動けなくなることを防ぎました。よって、恥ずかしながら、歩くこと10数回、よくなれば走るを繰り返しなんとか立ち止まることなく終盤を迎えました。 そしてラスト2キロ、おっさん魂を見せるべくラストスパート!最後の直線は少し危なかったですが、みごと感無量のゴールができました。しかしながら目標のサブフォーにはまたもや届かず、4時間11分でした。
 サブフォーは、また来シーズンにお預けになりましたが、このハードなコースでも自己ベストを10分以上更新できたので大満足です。それと、今日はトイレに行かずにゴールしました。カフェイン抜き作戦が成功したのかな。これもフルでは初めての経験でした。今日はたらふく食べて、コーヒー飲んで寝よう。大阪マラソンのあとは寝させてもらえなかったもんね。お父さん

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。