So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

大阪マラソン ベストショットの理由

 今日は2回目の大阪マラソン。もちろんサブフォーを狙いました。もちろん砕けました。それはそうです。昨年より約一ヶ月早くなり、練習の期間もそれだけ少なくなったからです。いいわけ。しかし、確かに10月末の大会だと、真夏にどれだけ体力と筋力をつけられるかが重要となります。今年の夏は暑かったし・・・、それに仕事も忙しかったし・・・と、とにかく過酷な状況だったのです。残念ながらサブフォーには遠く及ばず、4時間28分52秒。ネットタイムも4時間24分24秒となんと昨年の記録より、1分遅くなってしまいました。

 まあそれはそうと、ゴールシーンはベストショットがとれました。これには秘密があるのです。昨年の苦い思い出が。多くのランナーはゴール前で万歳のポーズをとります。これは、体力の限界に来ている状態で、まもなくゴールだと思ったとき自然に出るのでしょう。しかし、また多くのランナーはゴール地点で自分の時計で時間を確認し、ストップウオッチを止めるという動作をします。これもランナーであれば自然な行動です。昨年わたしもそうしました。しかし、大阪マラソンのように大きな大会になると、自動カメラが設置されており、ゴール通過の写真がいろいろな角度から撮影されます。時計を止めるときがちょうどそのタイミングなのです。つまり、他の大会と同じ行動をとっていれば、絶好のシーンが下を向いていることになってしまうのです。わたしはその経験から、足がつってふらふらにも関わらず、ゴール通過後数mはガッツポーズを続けたのです。それがこのベストショット!なにごとも経験ですね。

20131027-131004_23109379-1-1_1471-279091_ALLDATAx1.jpg20131027-132856_23109379-1-1_2-7299807_ALLDATAx1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。